人気の乳首を美白する方法が医薬部外品クリーム

 

乳首を美白しようとする人の中で人気となっているのが美白効果として医薬部外品となっているクリームを利用することです。

 

医薬部外品と日本の薬事法に定められ、人体への影響が薬よりも緩やかなものに許可が下りるものとなります。分かりやすく言えば、美白として認可が下りている化粧品やクリームには有効美白成分が配合されているってことです。

 

逆に言うと、美白効果としての医薬部外品の許可が下りていないクリームに関しては有効美白成分として認められているものが配合されていないことが多いってことです。

 

乳首の美白クリームは乳首ピンククリームや黒ずみクリームなんて呼ばれたりすることがあるのですが、中には美白成分が配合されておらず、口紅などと同じように単なる着色を行い一時的に色を変化させているものもあります。

 

医薬部外品として厚生労働省から認可の下りているクリームを利用するようにしましょう。

 

医薬部外品クリームならハイドロキノンと違いリスクがない

 

乳首が黒い原因は色素沈着ですが、皮膚についてしまっているメラニンを除去する効果が高い薬として有名なのがハイドロキノンと呼ばれるのがあります。

 

しかし、ハイドロキノンは刺激が非常に強い為、デリケートな乳首に塗ることで色が余計に黒くなってしまったり、肌荒れを起こしてしまう副作用があります。

 

その点、乳首のクリームで医薬部外品となっているのはデリケートである乳首に塗るために作られているので、低刺激成分で作られているます。医薬部外品として認可が下りていることからも分かるように緩やかに作用してくれるにも関わらず、基本的にはリスクはないのですね。
(人によって肌に合わないやアレルギーなどのリスクはあります)

 

副作用の心配なく、効き目を感じながら美白効果を感じることができるので人気となっているのですね。

 

ハイドロキノンとトレチノインの副作用

 

乳首クリームなら購入するのが楽

 

ハイドロキノンは日本では医者の許可無しでは販売をしてはいけない薬品となるので購入するのであれば、病院へ行くか、海外から変わりに仕入れてくれる輸入代行業者を利用することとなります。

 

しかし、乳首クリームであれば化粧品と医薬品の中間である医薬部外品となるので通販を利用して簡単に購入することができます。

 

クレジットカードを必用とせずに代金引換便を利用することができるようになっているのが大半となっているので、商品が届いてから代金を払えば良いので、心配もありません。

 

乳首のクリームであれば通販を利用すれば良いだけなので購入する手間がかからないのですね。

 

乳首を美白する人は下記で解説しているのでご覧ください。

乳首を美白したい